BLOG

BLOG
2021.03.24
円形脱毛症でお悩みの方へ

脱毛症の生徒がいる学校の先生へ

こんにちは☆

今日はわたしの幼少期の話。

赤裸々すぎて恥ずかしい過去ですが、

思い切ってさらけ出してしまおうと思います(*’ω’*)

 

※ちなみに今はこんなに性格悪くありません!!温かい目で読み進めてください( ;∀;)

 

小学校2年生で初めて円形脱毛症になったわたしは、

自分を大きく見せるために、強がり、素直じゃない、憎たらしい、生意気な子供になりました。(笑)

わたしは小3くらいで親に対する反抗期が始まり、当時の担任の先生もまた苦手でした。

そもそもお互いの性格が合わず、よくみんなの前で晒されるように叱られていました。

 

3年生の時、シラミ検査で髪をめくられるとき、わたしは自分で先生に脱毛症の事を伝えました。

先生はこっそり髪をめくることはせず、

前後左右にクラスメイトがいる中で堂々と髪をめくり、

シラミを探すという目的から外れて脱毛個所を何度も見られてすごく恥ずかしかったです。

 

小さかった10円ハゲはその頃には500円玉サイズ5~6個に増え、バンダナを巻いて登校することになりました。

そこで母が担任に直接電話で事情を説明し、バンダナでの登校を認めてもらえるように言ってくれました。

 

わたしのバンダナをおしゃれだと思ったクラスメイトが、何日か後に真似してバンダナを巻いてきました。

自分がクラスのブームの火付け役だと思って、

その子とお互いのバンダナの柄を誉めあったりして、凄くうれしかったのですが、

なんと先生はわたしだけバンダナを許可してその子にはバンダナは禁止という謎の校則を作りました。

もちろん「なんでーずるいー」というクラスメイト。

シラミ検査の時にはまだひそひそと噂されていたくらいでしたが

バンダナへんてこ特別扱い事件のおかげでわたしは頭の病気で特別だと全員に知れ渡り、

男子や上級生から、からかわれる対象となりました。

わたしはこのことを両親に言えませんでした。

 

小5で担任の先生が変わって、円形脱毛症は一度すべて治りました。

自己免疫疾患が原因と言われている今でも、

3、4年生の時の担任の先生が原因か?とさえ思ってしまいます。。。

 

でもいじめらしいいじめに遭わなかったのは、女子クラスメイト達のおかげです。

からかう男子VS正義のヒーロー女子

という構図で守られたことと、持ち前の負けん気の強さや明るい性格もあり、

ひどいいじめには合いませんでした。

わたしは本当に友人や周りの人に恵まれていて、ラッキーだったとしか言いようがありません。

もちろん、頭髪の病気が原因で心無いいじめに遭った経験を持っている方もいらっしゃると思います。

 

脱毛症の悪化と、脱毛症が学校でばれたこと、からかいに遭ったこと。

すべて先生に責任があるとは思いません。

ただ子供の気持ちにもなってほしい。子供だから適当に扱っていいわけではないんです。

子供だって恥ずかしいという感情はあるし、かっこいいかわいいと言われたいし

髪がないことはつらいし、ばれたくないし。

大人の都合だけで迅速に仕事が進めるようにという理由で

色んな事を後回しにして、子供同士でそんなことが起こっていることを問題とみなさずに放置しないで。

守ってくれるはずの大人が近くにいるのに、いたのに。

恥さらしにしても子供だからいいってもんじゃないんです。

 

ちなみにわたしが周りの人に恵まれているという点では、

3,4年生時の担任の先生もまた

わたしの人生にとってとてもありがたい大切な恩師のおひとりです。

 

 

 

反面教師という名の(*’ω’*)