BLOG

BLOG
2021.09.10
円形脱毛症でお悩みの方へ

脱毛症でも誰かを好きになる〜エピソード4 Aさん〜

こんにちは☆

今日は恋バナ4回目(^^)

これはお客様の体験談です。

Aさんは、わたしと同じで

ずっと帽子で生活してきた脱毛症の方です。

 

あることをきっかけに、ウイッグを使ってみようという気になったそうです。

それまで住み慣れた街を離れて

自分のことを知っている人が一人もいない世界でウイッグ生活に切り替え、1から出直すことも考えたそうですが

自分の周りの人たちに一生会わずに生きていくことを望んでいるわけではないと思い直し、

周りにカミングアウトをして、支えになってもらい、住み慣れた街でウイッグデビューすることを選んだ方です。

 

ウイッグにしてから半年ほど経ち、すっかり新しい自分にも慣れて、表情も明るくなったAさん。

数年前から知り合いだった友人たちと数人で食事に行くことになりました。

そこにいた一人の男性から、その後デートに誘われ、二人で出かけるようになります。

もちろん彼は以前のAさんを知っているし、脱毛症のことも知っています。

それでも好意を持ってくれた彼と付き合うことになり、お互いのお家を行き来するようになります。

彼は全くウイッグのことを気にしていないし、ウイッグがバレないかどうかと心配する必要もない。

 

彼といると

帽子でもウイッグでも

どんな自分でいても受け入れてくれる。

特に病気について話し合ったことはないそうですが、彼からもらった嬉しいラインがあるんです、と提供してくれました(^^)

彼は彼女のウイッグ事情に納得したら

それよりも無事帰宅したかどうかが心配になっていますね( ̄∀ ̄)

きっとすごいのはトゥルースリーパーではなく彼ですね(・∀・)

マチガイナイ

 

ウイッグのことで彼から何かを言われたのはこの時だけだそうです。

まだ彼の前でウイッグは外せないものの、いつでも外してもいいんだという安心感があるというAさん。

素敵すぎるお話‼︎

優しいいい男はたくさんいますね(*^^*)

わたしもこんなエピソードあるよ!!って方はお気軽にご連絡ください(^^)