BLOG

BLOG
2021.03.10
円形脱毛症でお悩みの方へ

円形脱毛症になったらまずは…。

こんにちは☆

脱毛症歴25年選手のわたしが、まずしたこと。

泣きまくることです。7歳だったしね、、、

 

そしたら次に、ネットで色々調べてください(^_-)-☆

わたしの場合、インターネットで脱毛症を検索して、病気に向き合うまで25年くらいかかっているので

そんなにえらっそうなことは言えないんですが( ;∀;)

 

そんなに遅くなったことは正直ちょっと後悔しています。

わたしにとっては25年が最速だったのかもしれませんし、

このブログを読んでいる脱毛症の方はすでに一歩を踏み出しているんだと思います。

 

大人になってから突然発症して、2週間で頭髪が全部なくなる事例もあるこの病気。

自己免疫疾患という、自分の細胞が毛包を間違って攻撃してしまって起きる病気と言われていて

まだまだ謎が多い病気です。

今、日本には約200~300万人ほどこの疾患と戦っている仲間がいます。

わたしもその一人。

クラスに一人くらいいる計算で、難治性は1000人に一人くらい。

 

 

つらいですよね、わかります。

涙、自然に出てきますよね。

ふとした瞬間に、というよりも自分を見るたびに。

町の中に、学校や会社に、世界中にあふれている鏡。

映る自分を見るたびに、落ち込んで。

男性でも、女性でも、子供でも大人でも、とてつもない精神的ショックを受けると思います。

人間は見た目じゃない!!っていうことはわかっています。

でもある程度の清潔感があったほうがいいだとか

印象をよくするために髪や爪は奇麗にしなさいだとか

美しくあるための美容努力をしている人は多いし

その努力さえできない悲しさ、虚しさ、すぐに受け入れられるものではないですよね。

髪があったら、みんなに当然のようにある、髪さえあったら

くせ毛でも剛毛でも軟毛でもいいから、

みんなと同じように歳を取ったからコシがなくなってきたとか話したい。

白髪が出てきて困ってみたい。

美容室で好きな色に染めたり、パーマを当てたり

友達と好きな芸能人の髪形についておしゃべりしたり

 

髪がある人に気持ちがわかるわけがありません。

腕が両方あって、美容師ができるわたしに

腕がないせいで美容師ができない人の気持ちは正直わかりません。

でもわたしたちって、気持ちを無理やりわかってもらいたいんじゃないんですよね。

 

同じ境遇の人にわかってもらえたら

共感してもらえたら

 

それだけで救われるし、一人じゃないって伝えられるし、

ここでこうして発信しているだけでも

一人で泣いている仲間に届くといいなと思います(^^)